Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>




New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
C#.NETでVBのLeft,Right関数等を使うクラス
VBの文字操作関数は使うと結構便利です。C#.NETでは標準で用意されていない機能を、このVBの文字列関数を使うと簡単に実現できてしまいます。
クラスはMicrosoft.VisualBasic.Stringsクラスです。

以下は.NET2.0の場合の例です。

1.参照設定でMicrosoft.VisualBasicを追加します。
2.ネームスペースの使用宣言
    using Microsoft.VisualBasic
3.使用方法
    Strings.Left(対象文字列,長さ)
    Strings.Right(対象文字列,長さ)
※Microsoft.VisualBasic.Stringsクラスにはその他いろいろな文字列操作関数があります。

また、VB.NETの場合は、直接Left,Right関数を書けますが、Formクラスには直接書けません(Left.Rightはプロパティで存在するため)。この場合は、Microsoft.VisualBasic.Leftというように書きます(Microsoft.VisualBasic.Strings.LeftでもOKです)。

以上
posted by: ゆう | VB.NET | 22:50 | comments(2) | - | - | - |
フォームクラスには"Left"だけ
だとダメなんですね!!
ありがとうございます。
| tani | 2016/06/15 4:16 PM |
taniさん、コメントありがとうございます。
お役に立ててうれしいです。開発頑張ってください。
| ゆう | 2016/06/16 10:19 PM |